アフィリエイトで10万円稼ぐノウハウサイト

クリック単価(キーワード単価)の入札目安

私がメインで使っているASPを教えます。

⇒カズのメインASP



クリック単価の目安とは

クリック単価は1%が目安

 

PPCアフィリエイトは、キーワードに対して自分で単価設定することができます。

 

高額の単価設定をすれば上位表示できますが、赤字になるリスクがあります。

 

そして安すぎる単価設定は、検索順位が低過ぎてクリック数がかせげません。

 

では、どれくらいのクリック単価が一番良いのでしょうか。

 

平均コンバージョン率から考える

 

コンバージョン率とは、サイトに訪問者が訪れて購買、資料請求、お問い合わせ、会員登録などの成果に結びついた数を数値化したものでCVRとも呼ばれます。

 

コンバージョン率はパーセンテージで表示されて、例えば、ある物販サイトに100人の訪問者が訪れて、その内の1人が商品を購入するとします。

 

そうすればコンバージョン率としては、
「コンバージョン率 = コンバージョンに至った人の数 ÷ サイト全体の訪問者数」の計算で、

 

購入1人 ÷ 訪問者数100人

コンバージョン率1%

 

コンバージョン率は1%となります。

 

 

ネットの平均コンバージョン率

 

上記がコンバージョン率の計算方法ですが、ネットで販売や資料請求などをする場合、平均と言われているコンバージョン率があります。

 

ネットで言われている平均コンバージョン率は、上記と同じですが、1%です。

 

ネットでビジネスをする場合、平均コンバージョン率が1%前後ならまずまず合格ラインで、そのサイトの仕組みやセールスレターなどが上手くできていると言えます。

 

この1%を目安として、PPC広告のクリック単価も考えることができます。

 

 

コンバージョン率1%=100クリックで1成約

 

平均コンバージョン率が1%ということは、簡単に考えると広告を100回クリックされれば1つ売れるという計算になります。

 

つまりPPC広告でアフィリエイトする商品の成果報酬が、100回分のクリック金額より上なら利益が出るということになります。

 

成果報酬〇〇円 > クリック100回の金額

利益

 

具体的にご説明しますと、例えば成果報酬5000円の商品をアフィリエイトするとします。

 

そして、PPC広告のクリック単価を平均30円に設定したとします。

 

そして平均コンバージョン率1%に基づいて100回クリックされて1つ売れたとします。

 

そうすると、

 

平均クリック単価30円×クリック数100回
=広告費3000円

 

 

アフィリエイト報酬5000円−広告費3000円
2000円の利益

 

となります。

 

 

しかし、これがもし平均クリック単価を60円に設定したとすればどうでしょう。

 

平均クリック単価60円×クリック数100回
=広告費6000円

 

アフィリエイト報酬5000円−広告費6000円
1000円の赤字

 

となります。

 

つまり、PPC広告で利益を出すには、報酬額÷100をして、出た数字よりも低いクリック単価設定にしないと赤字のリスクがあるということになります。

 

PPC広告で利益を出すには

 

報酬額〇〇 ÷ 100

= 〇〇

 

この数字〇〇よりもクリック単価は低く設定

 

 

以上がPPC広告においてのクリック単価の目安となります。

 

コンバージョン率1%というのは、あくまで目安とされている数字ですが、これを意識してクリック単価の設定をすれば、何も考えず単価設定するより断然安全です。

 

参考にしていただければ幸いです(*^_^*)

 

⇒PPCアフィリエイト関連記事一覧

 

 

【PPCアフィリエイトの第1歩】

Yahoo!プロモーション広告

もちろん登録無料です(*^_^*)

Yahoo!プロモーション広告「スポンサードサーチ」

 







初心者でも簡単にキレイなサイトが作れます


アフィリエイトサイト作成ソフト『SIRIUS-シリウス-』



私も全サイト、シリウスで作っています!オススメです(*^_^*)



ホーム RSS購読 サイトマップ