アフィリエイトで10万円稼ぐノウハウサイト

購入率の高いキーワードとは

私がメインで使っているASPを教えます。

⇒カズのメインASP



購入までの段階から分かるキーワード

購入されるキーワードとは?

 

 

PPCアフィリエイトはキーワードを自分で決めてお客さんを集客できます。

 

そこで、どんなキーワードを設定すれば購入率が高いのかをご説明します。

 

 

商品を購入するまでの過程

 

商品を欲しくなって購入するまでには、段階があります。

 

1つの例を挙げてご説明させていただきます。

 

例えば、「ヤセール」というダイエット器具があるとします。

 

最終的にこのヤセールを購入するとしても、商品を知った瞬間に購入する人は、まずいないと思います。

 

購入に至るまでの過程は、
まずネットかテレビ、本などのメディアで「ヤセール」を知って商品に何となく興味を持つところから始まります。

 

この段階では、ヤセールを知っただけなので当然買う気が起こる人はいないと思います。

 

そして、次の段階は、気になったヤセールについて調べます。

 

この調べるという段階は、商品の詳細ページを読んだり、ネットで口コミなどを検索して、

 

「本当にヤセールは効果があるのだろうか?」

 

「使った人の感想はどうだろう?」

 

といったふうにヤセールについて次第に興味が沸いてくる段階です。

 

しかし、この段階でもまだ「購入する」には至らない段階です。

 

続いて、次の段階では、ヤセールの詳細や口コミを読むにつれて、次第にヤセールが欲しくなってきます。

 

この段階でやっと「購入してみようかな?」という迷いが出てきます。

 

そして、迷いが出てきた時に気になるのが「価格」です。

 

「欲しいのだけど値段がなぁ・・・」

 

商品の詳細ページに定価は書いてあるのですが、そこそこの価格で「よし!買おう!」という気になれません。

 

そこで次の行動(段階)が「価格の比較」です。

 

この段階までくると、ヤセールについての知識も付いている上に、使ってみた感想など購入者の口コミなども調べていますので、「かなり欲しくなっている段階」だと言えます。

 

そして、ネット上のあちこちのお店で価格を調べて、いくつかピックアップしたのちに「最安値」のところで購入に至る。

 

これが、商品を購入するまでの段階と言えます。

 

 

この流れだけを簡単に書きますと、

 

知る⇒気になる⇒調べる⇒欲しくなる⇒値段を調べる⇒安い所で買う

 

このような流れになります。

 

 

そこで、話を戻しまして、この記事でお伝えしたい「購入率の高いキーワードとは?」ということですが、

 

購入率の高いキーワードというのは、今お話しました「購入までの段階」から考えると簡単に知ることができます。

 

 

それでは、実際に「段階」と「キーワード」についてご説明させていただきたいと思います。

 

まず、「知る」という段階ですが、この段階は商品を知ったばかりなので、対象外となります。

 

次に「気になる」という段階では、商品について少し興味が沸いた段階ですので、検索キーワードとしては、

 

「商品名」

 

ということになります。

 

この段階では、少し興味が沸いているだけですので余計な検索ワードは入力せずに「商品名」のみで検索して「どんな商品なんだろう?」ということを知りたいだけということになります。

 

つまり、「商品名」のみのキーワード検索は購入意欲としては「低い」ということになります。

 

 

次に「調べる」という段階は、「商品名」で検索をして、商品の詳細ページなどを読んで、ある程度商品のことを知った上で、さらに興味が沸いた段階となります。

 

この段階で気になるのが、「商品の効果」や「購入者の感想」などです。

 

ここで検索されるキーワードとしては、

 

「商品名+口コミ」

 

「商品名+効果」

 

「商品名+感想」

 

などです。

 

しかし、この検索キーワードでも、商品のことをある程度知った後に「本当に効果があるかどうかを知りたい」という迷いの段階ですので、購入意欲としては「まだ低い」ということになります。

 

 

そして次に、「欲しくなる」という段階ですが、この段階は商品の口コミなどを読んでいるうちに徐々になる「感情」ですので、行動としては次の「値段を調べる」という行動になります。

 

購入者の感想や効果など、口コミを読んだ上で「値段を調べる」ということは、商品自体には納得したということになりますので、けっこう欲しくなっている段階だと言えます。

 

この段階で検索されるキーワードというのは、

 

「商品名+最安値」

 

「商品名+通販」

 

「商品名+値段比較」

 

「商品名+送料無料」

 

などです。

 

これらのキーワードで検索された場合というのは、何段階もの購入段階を経て、商品を知り尽くした上でかなり欲しい状態にきていますので、

 

購入意欲としては「高い」ということになります。

 

これは、自分に置き換えて考えても分かりやすいです。

 

自分なら、

 

「絶対に買う」時にどんなキーワード検索するか?

 

「興味があるだけ」の時にどんなキーワード検索をするか?

 

「少し買う気がある」時どんなキーワード検索をするか?

 

 

PPCアフィリエイトでは、このように購入するまでの段階や感情を考えるが重要で、

 

考えることによって、購入率の高いキーワードや購入率の低いキーワードというのを見つけることができます。

 

キーワードを決める時は購入に至るまでの流れを想像しながらやってみて下さいね(*^_^*)

 

⇒PPCアフィリエイト関連記事一覧

 

【PPCアフィリエイトの第1歩】

Yahoo!プロモーション広告

もちろん登録無料です(*^_^*)

Yahoo!プロモーション広告「スポンサードサーチ」

 

 

 







初心者でも簡単にキレイなサイトが作れます


アフィリエイトサイト作成ソフト『SIRIUS-シリウス-』



私も全サイト、シリウスで作っています!オススメです(*^_^*)



ホーム RSS購読 サイトマップ